NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE 

なんじゃ、たけのこか?

今週のお題「マイベスト家電」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

[ミシン]

なんじゃ、たけのこか?

 

[へんげ]

え、何のこと?

 

[ミシン]

そのTシャツの模様のことじゃよ。

 

 

 

 

[へんげ]

ああ、これね。

 

[ミシン]

おまえさんが、よく着とったTシャツじゃのう。

 

[へんげ]

そうなんだよ。

あちこち色褪せてくたびれてきちゃって。

 

[ミシン]

所々、色がまだらになってきとるのう。

 

 

 

 

[へんげ]

だからいっその事、ビンテージ風にしようと思って。

リメイクしてみたんだ。

 

[ミシン]

この生地は、あれを作った時の残りじゃな。

 

 

 

 

[へんげ]

そうそう、これ。

リメイクは、生地同士の相性も大事なんだよ。

 

[ミシン]

色褪せたTシャツに、綺麗な生地をのせてもチグハグじゃ。

水玉の掠れ具合が合うのかのう。

 

[へんげ]

それに、この残布で服を作る程の用尺は残って無かったからね。

 

[ミシン]

でも、Tシャツのように伸縮性のある素材に、伸びないこの生地を縫い付けるのは結構難しいのう。

 

[へんげ]

その通り。

特に斜めの長い距離は、よれたりするから難しいよね。

 

 

 

 

[ミシン]

そこは、わしの腕の見せ所じゃ。

 

[へんげ]

流石、うちのベスト家電。

私達って、チームワーク抜群だね。

 

[ミシン]

コツがあるんじゃろ?

 

[へんげ]

平面ではなく、ボディに着せた状態で切り抜いたパーツをピンで留め付けるんだ。

予めパーツの周囲を巻きロックかけて、ほつれ止め始末しておくよ。

 

[ミシン]

カーブや重さで伸びた所は、その状態でピンを打つのじゃな。

 

[へんげ]

でも、やっちゃいけない事があるんだ。

下糸が無くなっているのに気付かずに、ピンを外しながらどんどん縫ってしまう事。

縫えていないのに、ピンが外れた状態になる。

もう一度ボディに着せて、ピンを打ち直さないといけない。

 

[ミシン]

さっき、おまえさんがやっていた事じゃな。

 

[へんげ]

あ、ばれてた?

 

[ミシン]

30㎝位、気付かずに縫ってたろう?

 

[ミシン]

だったら、教えてよお。ミシンさん。

 

[ミシン]

少し音が変わるから、おまえさんなら気付くんじゃろ。

「生地の声を聞け」じゃなかったのか?

 

[へんげ]

自分の服だから、気を抜いてた。

 

 

 

 



 

 

 

[ミシン]

竹は、イネ科の植物だって知ってるか。

 

[へんげ]

え、そうなの?

滅多に花が咲かない事は、知ってるよ。

 

[ミシン]

その花は、稲穂のような形をしているそうじゃ。

120年位の周期だと言われているのは、花はその位珍しいということらしい。

竹に関しては、解明されていない事も多いらしいんじゃ。

 

[へんげ]

神秘的だねえ。

私、なんとなく竹林って好きなんだ。

 

[ミシン]

竹はしっかり地面に根を張って、真っ直ぐ空に向かって成長している感じがするのう。

見習いたいものじゃ。

 

ん、わしは家電か?

 

 

 

ぽんこつ山のへんげさん】

20代の頃の話。

職場の同僚達と、お互いを花に例えるなら何?なんて話をしていた。

明るいからヒマワリ?

華やかだから、バラ?

控えめだから、カスミ草?

で、へんげは?と私に話が及んだ時。

居合わせた男性社員が、「へんげは竹」と一言。

そこで、一同大笑い。

「あれ?なんで笑うの?どういう意味?」と私。

「竹を割ったような性格だからでしょ」と同僚達。

「そもそも、竹って花が咲くの?」

あの頃、竹の花の事は何も知らなかった。