NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE 

時間を忘れる街。我を忘れる街。

今週のお題「好きな街」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

昨年の7月に、「住みたい場所」というお題で記事を書きました。

その時に、繊維の街日暮里を取り上げました。

繊維関係の問屋さんが多い街です。

先日も行って来ましたよ。片道1時間40分かけて。

 

やはり、この街が好きですねえ。

ハンドメイド等される方は、ご存じかもしれません。

飽きないですよね、面白いですよね、我を忘れますよね。

 

ずっと前から入ってみたいけど、敬遠していたお店がありました。

だって、とても高価そうだったんだもの。

私がガン見していたのに気付いた店員さんが、良かったらお入りくださいと声をかけて下さいました。

じゃあ見るだけねと心に誓い、店内へ。

 

スパンコール等のゴージャスな飾りや、金糸銀糸の刺繍。

リボン、テープ、釦やタッセルもあります。

無国籍な感じが、とても魅力的です。

確かに高価なものもあるけど、お手頃価格な掘り出し物もあります。

私は、こんなものも買いましたよ。

 

 

 

 

一袋にまとめられて、お買い得コーナーにありました。

ブレード状のものは20㎝位。

右のタッセルは、上部の円の直径は5㎝でタッセル自体の長さは12㎝。

いったい何に使うと言うのだ。

夢が膨らみますね。

 

目的のお店の開店時間まで一時間以上ありましたが、時間を持て余すことはありませんでした。

興味をそそられるお店が、沢山あります。

好きな街だけど、私にとって住んではいけない街です。

 

一方、私の住んでいる街は、時間がゆっくり流れます。

東京の多摩地域に属しています。

皆さん、ご存じですか?

東京の半分は多摩で出来ているんですよ。

(私も最近知りました)

緑豊かで、空気の綺麗なエリアです。

(え、吉祥寺や町田も多摩なんですね)

 

以前は「遠いなあ」と嘆きながら、都心に通勤していました。

この2年位は、ここが私の作業場です。

長閑な場所で、のびのび制作しています。

デザイン、パターン、縫製、直し、リフォーム等全部一人で行っています。

デザイナーという名の、何でも屋です。

40年位、このような仕事に関わっています。

 

最近、トワルの写真しか紹介していませんでしたね。

(トワルとは実際の生地で縫う前に、別の生地で試作すること)

以前制作したドレス写真の一部を、掲載したいと思います。

 

 

 

 

 

 

ドレス写真カテゴリーから、ドレス等の写真をご覧頂けます。

 

 

ぽんこつ山のへんげさん】

いたっ。

また、同じところにたんこぶが。

おでこの生え際。

台所、流しの上の物入れ。

扉が開けっ放しで、扉の角がおでこ直撃。

「あと5㎝身長が低かったら、あたらなくて済むのに」

いやいやそこは、扉を閉めればよいだけでしょ。

おでこをさすりながらふと下を見ると、茶色い丸い物体が。

「ひっ、何の虫?」(虫が苦手です)

よーく見ると、コーヒー豆。

さっき落としたと思われる。

落としたら、直ぐに拾いなさいよ。

うーん、台所は危険だなあ。

 

こんなガサツな私ですが、仕事は几帳面です。

全神経をそこにだけ集中しています。

だからおのずと、プライベートがゆるくなっているんです。

どうぞ、本気で心配しないでくださいね。

ちょっと、くすっとして頂ければ幸いです。