NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE 

残り物には福がある。

今週のお題「デスクまわり」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

私の場合、デスクに匹敵するのは裁断台でしょうか。

90㎝×150㎝のシンプルで頑丈なテーブルです。

一般的な机よりも、少し大きめですね。

ビニ板をひいているので、カッター等も直接使用出来ます。

 

私はこの上で、デザイン画を描き型紙を作り、裁断をしアイロンをかけます。

 

裁断台の隣の机には、ベテランミシンさんが鎮座しています。

元々は職業用の足踏みミシンだったのですが、モーターを付けて電動ポータブルに改良して頂きました。

一時期は元気が無かったけれど、2年前新しいモーターに替えてオーバーホールして貰ってから若返ったミシンさん。

ポータブルになったとはいえかなり重たいので、ずっとここが定位置です。

 

もう43年の長い付き合いになりますが、パワフルに活躍してくれています。

 

[ミシン]

なあ、へんげ。

ずっとここに置いてある生地はなんじゃ。

使わんのなら、片付けたらどうじゃ。

 

ああ、確かにそうですね。

デザインを考えているうちに、しまうのを忘れていましたね。

時々鋭い突っ込みを入れてくれるのも、ベテランミシンさんならでは。

 

作業場は綺麗に保っておかないと、仕事の効率が下がりますよね。

(ブログを始めた頃はかっこ付けて、作業場をアトリエと言っていました)

どう見ても、作業場って感じの場所です。

 

ということで、ミシンさんご指摘の生地を使っていきましょう。

暖かくなってきたので、春物をひとつ。

こんな服を制作してみました。

 

 

f:id:nunohenge:20220331091413j:plain

 

 

先日、レースの生地を衝動買いしてしまったんです。

価格が高いし具体的な予定も無かったので、取り敢えず1ⅿだけ買いました。

存在感のある生地なので部分的に使用して、アシンメトリーにしました。

 

バックスタイルにも、レースを散らして。

 

f:id:nunohenge:20220331091941j:plain

 

あら、なんだか影の部分が青っぽく見えますね。

レースの色落ちではありません。

本当に、写真撮影がぽんこつな私です。

 

f:id:nunohenge:20220331092018j:plain

 

 

胸元は釦で留めています。

レースの隙間を補強して、釦ホールにしています。

 

 

f:id:nunohenge:20220331092332j:plain

 

 

 

釦を外すと、こんな感じになります。

 

 

f:id:nunohenge:20220331092447j:plain

 

 

 

このように、生地ありきでデザインを考える場合があります。

今回レースの柄を活かす為に、アイボリーの生地を合わせようと思いました。

レースの色は濃いネイビーに濃グレーの輪郭。

肩部分には黒無地を使います。

合計4色の組み合わせなので、それぞれが喧嘩しないように色バランスを検討します。

 

型紙は、以前制作した羽織ものの型紙をアレンジしました。

当ブログでも紹介した、こちらの形です。

 

 

f:id:nunohenge:20220331093248j:plain

 

 

f:id:nunohenge:20220331093309j:plain

 

 

色のイメージが出来たら、在庫の中から生地を選んでいきます。

レースの生地と2種類の無地を、ボディに留め付けながら全体のバランスを見ます。

同じ黒でも、ネイビーと相性の良くないものもあります。

アイボリーも然り。

 

一点物の場合、実際の生地でドレーピングをしてそのまま縫い上げることがあります。

今回も、前見頃はその方法で。

黒もアイボリーも、何かを制作した時の残りの生地です。

丁度、ぎりぎり使えそうな用尺でした。

なんとか、うまくいったようです。

 

残り物には福がある。

残り物でも服できる。