NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE 

収集するには、几帳面さが足りないようだ。

今週のお題「わたしのコレクション」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

何かをこつこつ続けたり、集めたりが苦手な私です。

例えば、同じテレビドラマを毎週欠かさず見るとか。

カードや切手を集めてファイルして保管するとか。

フィギュアを収集して棚に並べて飾るとか。

 

コレクションしようと思ったわけではありませんが、自然に溜まったものはあります。

それは、型紙とトワル。

新しい形の服やドレスを制作する際に、試しに別の生地で作ってみるのがトワルです。

古い型紙やトワルは、新しいデザインを作り出す際にヒントになる事があります。

一点物やオーダーのドレスは、一つ一つ型紙が違います。

捨ててしまってから「あれがあったらなあ」と後悔することがあるので、なかなか捨てられないんです。

これは、明らかにコレクションではありませんね。

 

私は好きな感じの生地を見ると、つい買ってしまいがちです。

対策としては、具体的に型紙を作って用尺を出してから、生地屋さんに行くように気を付けています。

それでも、裁断していない生地がどっさりあります。

気を付けているんだけどなあ。

服飾デザイナーあるあるのようです。

 

会社員だった頃、だいたいはお弁当を持って行きました。

料理が得意な訳ではないので、お弁当と言っても冷凍食品をチンするだけのものです。

その時にお弁当を包むための、大きめの綿ハンカチは何枚か持っています。

 

 

f:id:nunohenge:20220317112350j:plain

 

うさぎ柄が色違いで2枚。

水色に金魚柄。

お気に入りは、獅子神楽

なんだか、おめでたい気分になります。

 

 

f:id:nunohenge:20220317112731j:plain

 

 

招き猫柄、2色。

紺色地のものは使い過ぎて色褪せたので、また同じものを買いました。

クラシカルな梅柄も良いですね。

まさに梅の季節ですねえ。

 

使うために買ったらいつの間にか増えたので、これもコレクションではありませんよね。

 

以前の記事で、手拭いを愛用してることを書きました。

これらは春から秋のはじめに、私の首に巻き付いています。

(因みに、冬はマフラー)

洗っては使い込んできたので、肌触りの良いものばかりです。

 

その中から、特に私の好きな柄はこちら。

 

 

f:id:nunohenge:20220317123222j:plain

 

 

弾き語りをしているかえるさんです。

大きな口を開けて、いったい何を歌っているのでしょう。

シンガーソングライターなのでしょうか。

下の方には、聞いているかえるさん達もいるんです。

ストリートミュージシャンなのかもしれませんね。

山種美術館のショップで購入しました。

 

結局、コレクションの話ではありませんでしたね。

何かを収集するには、根気と几帳面さが必要だと思うんです。

私に不足している部分です。

 

あ、こう見えても仕事では、結構几帳面なんですよ。