NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE 

お洒落して、アフタヌーンティーでも気取ろうか。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

前回、ちょっと遊んだ手作り帽子を紹介しました。

その際図書館からお借りした帽子の本を、そろそろお返ししないといけません。

返却する前に、もう一つくらい作っておこうかなあ。

 

帽子をそこそこ持っている私も、一度もかぶったことが無い種類があります。

勿論、作ったことも無いデザインです。

それは、ハンチング。

19世紀半ば頃から狩猟に用いられていた帽子らしいです。

 

私の勝手なイメージだと、上品なおじさまと凄くお洒落な若者がかぶっているイメージ。

前者の主な素材は、ツイードや皮革。

後者は綿の柄物などカジュアルな感じかなあ、本当に勝手なイメージですが。

そもそも私は、ハンチングと言うものを全然見てこなかったのです。

恥ずかしながら、ハンチングの知識はゼロです。

 

よし、この機会にハンチングを作ってみよう。

今回は本の通りに、アレンジせずに作りました。

 

まず最初に、出来上がりの写真をどうぞ。

そうです。ハンチングってこういう形なんです。

ボディの先端があたって頭頂部が尖って見えますが、なだらかな円形です。

 

 

f:id:nunohenge:20211216111317j:plain

 

 

どんな形の型紙を使うかというと。

 

 

f:id:nunohenge:20211216111444j:plain

 

 

つば(ブリムというらしい)も含めて、型紙が3種類だけです。

表布3枚、裏布3枚の裁断です。

なんだ、楽勝じゃん。

 

いえいえ、途中で気が付きました。

この型紙は縫製技術を試される形でした。

逆カーブを縫い合わせます。

ましてや、今回ドレスの生地を使用しています。

トップは生地にレースをのせているので、土台の生地がたるまないように注意しました。

高級感を出したいので、表地だけでなく裏側の生地にも芯を接着しました。

つば部分には、硬い芯を貼っています。

 

ハンチングは、カジュアルな場合はラフに仕立てても良いかもしれません。

でも今回は高級感を出したかったので、きちんと芯を接着して縫製にも細心の注意を払いました。

ハンチングは奥が深い帽子です。

 

少し、寄ってみます。

自転車のサドルではありませんよ。

 

 

f:id:nunohenge:20211216112908j:plain

 

 

さらに、寄ります。

結構光を当てているので白っぽく見えますが、黒です。

 

 

f:id:nunohenge:20211216113007j:plain

 

 

レースの柄がわかりますか。

ほんの少し、きらっと光る糸が入っています。

 

 

f:id:nunohenge:20211216113230j:plain

 

 

これは帽子というより、アクセサリーの感覚で使用するのが良いのかもしれません。

合わせて着用している服は、へんげオリジナルの5通り位?に着方を変化させる服です。

(1年半位前の制作なので、着方のバリエーションを忘れてしまいました)

大人のさり気ない華やかさを演出するのに、いかがでしょうか。

 

本当は少し照明を暗くして雰囲気満点で撮影したかったのですが、やはり黒は無理ですね。

レースの感じがわからなくなります。

写真写りが悪い帽子でした。

 

 

f:id:nunohenge:20211216114034j:plain