NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE 

ドレーピングでリメイクしましょ。生まれ変わる服。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

着なくなった服を処分する前に、生まれ変わらせることが出来たら。

でも、リメイクは難しいんです。

お店によって、取り扱いがないところも多いです。

 

今回は、比較的簡単なドレーピングでのリメイクをご紹介したいと思います。

 

ドレーピングでリメイクした服がこちら。

 

 

f:id:nunohenge:20210630102357j:plain

 

 

元の服がこちら。

 

f:id:nunohenge:20210630102457j:plain

 

もう、赤い服は着ないわねということで。

 

まず、赤い部分の布を外します。

衿ぐりが伸びるので、紺無地でパイピング始末。

本体が重くなるので、袖丈を七分袖に。

 

f:id:nunohenge:20210630102846j:plain

 

2種類の生地を用意します。

無地のみだと重いので、同色レースも。

変な形の生地ですけど、生地幅はほぼ同じです。

ドレープを出したいので、硬い生地はふさわしくありません。

 

 

f:id:nunohenge:20210630103128j:plain
f:id:nunohenge:20210630103126j:plain

 

無地のほうは、左右縦布端と上部布端を3つ折りミシン。

レース布地のほうは、上部布端のみ3つ折りミシン。左右縦布端はスカラップに沿ってカット。

 

f:id:nunohenge:20210630104109j:plain

 

うううう、眼があああああ。

 

では、ドレーピングしていきます。

長いほうの縦布端を前中心にしたいので、レース布地角を右衿ぐりパイピングに。無地角を左衿ぐりに。ベースの服の胸上切り替え中心部分にそれぞれの縦布端を留めます。

 

f:id:nunohenge:20210630105444j:plain

 

後ろは、もう一方の角を起点に。背中横切り替えに沿うように少し角度を変えて。

 

f:id:nunohenge:20210630105905j:plain

 

前後それぞれ、脇の下まで本体に留め付けます。

バランスを見て裾をカットします。裾もそれぞれ3つ折りミシン。

 

後ろは、生地の形の関係でアシンメトリーに。

透けた感じも、デザインということで。

 

 

f:id:nunohenge:20210630110359j:plain


 

出来上がりはこちら。

 

f:id:nunohenge:20210630110514j:plain



重力と身体の凹凸を利用しただけのドレーピングです。

 

カジュアルだった服が、大人っぽくドレスっぽくなりました。

量産の服でもリメイクすると、貴女だけのデザインの一点物。

丈の関係で、パンツかスパッツの使用をお勧めします。

 

ロングドレスだけがドレスじゃないのです。

ワンピースも手掛けていますよ。ちょっと、くせ強めになりますが。

 

ドレープがふんだんに入っているので、体型を選ばずに着用出来ます。

と言っても、私が撮影したこの写真ではあまり伝わらないですよね。

今度、ドレス撮影時に改めて撮影したいと思います。