NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE 

何でも屋デザイナーは辛いのさ。歯を食いしばって這いつくばって。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

私は自分の職業を説明するのに、面倒くさいのでデザイナーと言っています。

すると「あーら、すごい」と、言われることが結構あります。

すみません。全然すごくないですよ。

 

服飾関係だと、デザイナーと名乗る人が大勢いて。

(勿論、他の業種のことはわかりません)

その中には、絵しか描けない人や縫製が全然わからない人も。

(量産からは永らく遠ざかっているのでそちらのほうはわかりません)

 

一方私は何でも屋なので、それを全部一括りでデザイナーと名乗っています。

実際には、駅前商店街にあった小さな仕立て屋さんに近いイメージでしょうか。

色々な会社に所属させて頂いたお陰で、多くの人々と関わることで仕事の引き出しを増やすことが出来ました。

 

デザイナーは、裏方です。

勿論主役は、ドレスを着るあなた。

 

何でも屋デザイナーは、素材を運んだり体を使う力仕事もします。 

そんな、ガテン系デザイナーのある一日をご覧ください。

 

 

f:id:nunohenge:20210524210513j:plain

 

 

ワンピース位の大きさのパターン(型紙)なら、裁断台で裁断出来るけど。 

ロングドレスとかは、もう床じゃないと無理。もっともっとでっかいパターンもあります。(自分で作ってるんですが)

 

  

f:id:nunohenge:20210524210756j:plain

 

 

ああ、昼ごはん食べすぎた。お腹が苦しい。

そして、膝が痛い。腰が痛い。うう。

 

歯を食いしばって這いつくばって。

体幹の無さをマジで痛感。

韻を踏んでるつもりだけれど、オヤジギャグにしか聞こえねえ。