NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE 

収集するには、几帳面さが足りないようだ。

今週のお題「わたしのコレクション」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

何かをこつこつ続けたり、集めたりが苦手な私です。

例えば、同じテレビドラマを毎週欠かさず見るとか。

カードや切手を集めてファイルして保管するとか。

フィギュアを収集して棚に並べて飾るとか。

 

コレクションしようと思ったわけではありませんが、自然に溜まったものはあります。

それは、型紙とトワル。

新しい形の服やドレスを制作する際に、試しに別の生地で作ってみるのがトワルです。

古い型紙やトワルは、新しいデザインを作り出す際にヒントになる事があります。

一点物やオーダーのドレスは、一つ一つ型紙が違います。

捨ててしまってから「あれがあったらなあ」と後悔することがあるので、なかなか捨てられないんです。

これは、明らかにコレクションではありませんね。

 

私は好きな感じの生地を見ると、つい買ってしまいがちです。

対策としては、具体的に型紙を作って用尺を出してから、生地屋さんに行くように気を付けています。

それでも、裁断していない生地がどっさりあります。

気を付けているんだけどなあ。

服飾デザイナーあるあるのようです。

 

会社員だった頃、だいたいはお弁当を持って行きました。

料理が得意な訳ではないので、お弁当と言っても冷凍食品をチンするだけのものです。

その時にお弁当を包むための、大きめの綿ハンカチは何枚か持っています。

 

 

f:id:nunohenge:20220317112350j:plain

 

うさぎ柄が色違いで2枚。

水色に金魚柄。

お気に入りは、獅子神楽

なんだか、おめでたい気分になります。

 

 

f:id:nunohenge:20220317112731j:plain

 

 

招き猫柄、2色。

紺色地のものは使い過ぎて色褪せたので、また同じものを買いました。

クラシカルな梅柄も良いですね。

まさに梅の季節ですねえ。

 

使うために買ったらいつの間にか増えたので、これもコレクションではありませんよね。

 

以前の記事で、手拭いを愛用してることを書きました。

これらは春から秋のはじめに、私の首に巻き付いています。

(因みに、冬はマフラー)

洗っては使い込んできたので、肌触りの良いものばかりです。

 

その中から、特に私の好きな柄はこちら。

 

 

f:id:nunohenge:20220317123222j:plain

 

 

弾き語りをしているかえるさんです。

大きな口を開けて、いったい何を歌っているのでしょう。

シンガーソングライターなのでしょうか。

下の方には、聞いているかえるさん達もいるんです。

ストリートミュージシャンなのかもしれませんね。

山種美術館のショップで購入しました。

 

結局、コレクションの話ではありませんでしたね。

何かを収集するには、根気と几帳面さが必要だと思うんです。

私に不足している部分です。

 

あ、こう見えても仕事では、結構几帳面なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健やかなる時も、病める時も。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

私は今、あるドレスのトワルを縫っています。

実際の生地を使用する前に、別の生地で作ってみて仮縫いをするんです。

私の場合は、シーチング(平織生成り生地)でトワルを制作する事が多いです。

 

ドレスはサプライズの要素も多く、通常はオーダードレスのトワルはお見せしません。

ところが、今回はご紹介出来ることになりました。

 

 

f:id:nunohenge:20220311085449j:plain

 

 

ウエディングドレスのトワルです。

ウエディングドレスのトワルを見る機会は、オーダーされる方以外はあまり無いと思います。

 

私は40年以上、服飾関係の仕事をしてきました。

主にデザイナーパタンナーの仕事でしたが、ドレス制作に関わるようになってからは縫製も業務の一つに。

一着のドレスをデザインから縫製まで全部自分で行うことは、とても勉強になります。

ドレス制作経験は20年位でしょうか。

 

でもその経験の中で、ブライダル業界の仕事はずっと避けてまいりました。

その理由は4つ。

  • 白い生地は汚れが目立つので、緊張する。
  • お姫様っぽいものをデザインするのが、そもそも苦手。
  • 一生に一度のドレスを制作するのは、荷が重い。
  • 汚れた心の私が、清らかなドレスを作って良いものか。

 

そんな私ですが、縁あってブライダルのドレスに関わる事ができました。

4年程前の事です。

着物地ドレスを制作する会社で、デザイナーパタンナーをさせて頂きました。

こちらでは少しウエディングドレスも扱っていたので、ブライダル関連の勉強にもなりました。

 

しかしながら、ウエディングドレスの縫製は初めてです。

ウエディングドレスの縫製士の方は、私にとって特別な存在です。

今回、デザインやパターンだけでなく縫製まで手掛けるので、身の引き締まる思いです。

私にとっては、メンズジャケット以上の挑戦です。

 

ウエディングドレスには、デザインによって特有の仕掛けや縫い方があります。

様々な付属や素材も使われています。

その中で今回使用しました、ホースヘアーを紹介したいと思います。

 

 

f:id:nunohenge:20220311095409j:plain

 

 

名前の通り、元々は馬の毛で作られていたようです。

馬の毛はベテラン職人でも織るのに凄く時間がかかるので、今でもとても高級品だそうです。

ドレス等に使用する場合は、ナイロン素材が多い気がします。

馬の毛に比べると、お手頃な価格です。

 

片方の端に通っている糸を引っ張ると、カーブの形状になります。

糸が付いていないものもあります。

ハードなものやソフトなものがあり、用途によって使い分けます。

0.5㎝から15㎝幅が多く市販されてますね。

 

私は今回、8㎝幅ソフトを使用。

上品で華やかな裾の広がりを演出します。

けまわし(裾周りの長さ)が20ⅿ近くあるので、ナイロン素材のホースヘアーがあって本当に良かったです。

このホースヘアーは、社交ダンスドレスを制作していた頃もよく使用していました。

引っ張ったりカーブさせたりで幅が変わるので、縫うのに少しコツが必要な素材です。

 

私はドレスを制作する時、着る方を思い浮かべて作ります。

ダンスを踊られる方。

音楽を演奏される方。

授賞式やパーティーに出られる方。

 

そしてこのドレスは、ウエディングドレス。

お二人の門出を祝って。

お二人の幸せを祈りながら、制作しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供が元気だと、安心するのう。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

前回に引き続き、ベテランミシンさん登場です。

アイロン君と何か話していますね。

 

[ミシン]

ひな祭りか。

かわゆいのう。

 

[アイロン]

でも、なんだかへんげさん、バタバタしていますね。

 

 

f:id:nunohenge:20220303100514j:plain

 

 

f:id:nunohenge:20220303100849j:plain

 

 

[うさこ]

へんげさーん。

わたし、このきものみたいなのいやなの。

ぷりきゅあのふくがきたい。

これ、ぬいでいい?

 

[へんげ]

ちょっと待っててね。

みみたくん、そこよじ登っちゃだめ。

危ないから。

 

[みみた]

やだー。

ぼく、かえるさんたちとあそぶんだあ。

 

[うさこ]

へんげさーん。

わたし、えるさのどれすでもいいんだよ。

これ、ぬいでいい?

 

[へんげ]

あー、二人とも、ちょっと待って。

お花の前で写真撮ったら、おしまいにするから。

この台に乗ってくれる?

 

[うさこ]

ますくのはこにのるのなんかいやあ。

どれすきたい。

 

[みみた]

ここのぼって、かえるさんたちのところにいくんだああああ。

 

[へんげ]

あー、こっち向いてえ。

はい、チーズ。

 

 

f:id:nunohenge:20220303102011j:plain

 

 

[アイロン]

へんげさん、珍しく可愛らしい子たちを作っていたと思ったら、結構やんちゃでしたね。

 

[ミシン]

いいんじゃよ。

子供が元気だと、安心するじゃろ?

 

 

ミシンさん、呑気なこと言ってないで少しは手伝ってくださいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心配ご無用じゃ。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

少し間が空いてしまいましたね。

ご無沙汰しております。

 

おや、珍しいですね。

ベテランミシンさんのところに、緑色のお二人がやって来ましたよ。

 

 

[ミシン]

ああ、君たちは棚のあたりにいた、かえるさんたちではないかのう。

 

 

 

f:id:nunohenge:20220224100611j:plain

 

 

[のっぽかえる]

そうなんですよ、ミシンさん。

ぼくたち、ちょっと心配になって。

勇気を出して、棚を降りて来ました。

 

[丸かえる]

へんげさんは、メンズジャケットが完成したから気が緩んでるんじゃないですか?

 

[ミシン]

ほう、それはどうしてかな?

 

[のっぽかえる]

ブログを書いてないみたいなんです。

 

[丸かえる]

あれから、何も制作してないみたいです。

 

[ミシン]

制作は進めとるぞ。

確か、ドレスのトワルを縫ってたぞ。

 

[かえるたち]

と、とわるって何ですか?

 

[ミシン]

実際の生地で制作する前に、試しに他の生地で縫ってみるんじゃよ。

皆さんには、お見せ出来ないようだが。

 

[のっぽかえる]

皆さんにお見せ出来ないって?

 

[丸かえる]

怪しいものとか、危ないものとか作っているんじゃないでしょうね。

 

[ミシン]

そうじゃなくてな。

まだまだ当分、お披露目出来ないだけじゃ。

 

[のっぽかえる]

そうなんですね。

それはひとまず安心しました。

 

[ミシン]

君たちは、あまりへんげの仕事に関わっておらんようじゃのう。

 

[丸かえる]

そうなんです。

私は鉛筆けずりなんですけど。

へんげさんはパターンをひく時はシャープペンシルを使うので、あまり使って貰えないんです。

 

[のっぽかえる]

ぼくはツボ押しなんですが。

へんげさんの肩は、ぼくの手に負えないくらいガッチガチなんです。

随分前に挑戦したんですが、ぼくのほうがへし折れそうでした。

ぼくたち二人とも海外土産で、へんげさんがお友達から貰ったものなんです。

 

[ミシン]

なるほど。

そういえば、異国情緒漂っとるなあ。

 

[丸かえる]

ちょっと待って下さい。

私の場合はへんげさんが自分で買って、ここに連れて来てくれましたよ。

国内のお店で売られていました。

 

[のっぽかえる]

ええ?

きみのことは、へんげさんが自分で買って来たの?

そうなんだ。

知らなかったよ。

 

 

あらあら、心配しないでくださいな。

のっぽかえるさんも丸かえるさんも、あまり出番がないけれど大切にしていますよ。

作業の合間にちょっとくすっと笑うのは、とても大事ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝心なのは、着心地じゃろう?

今週のお題「自分に贈りたいもの」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

前回のメンズジャケット完成の記事に寄せて、沢山のスター、ブックマーク、コメントを頂きありがとうございました。

お褒めの言葉も頂きました。

 

その様子を、制作に協力してくれたベテランミシンさんに報告しました。

すると...

 

[ミシン]

だがな、へんげ。

肝心なのは、着心地じゃろう?

 

うーん、確かにそうです。

ハンガーに掛けているだけでは、よくわかりませんね。

流石、ベテランミシンさん。

いいこと言うねえ。

 

それでは、着用して頂くことにしましょう。

 

 

 

f:id:nunohenge:20220207150142j:plain

 

 

[へんげ]

着心地はいかがですか?

 

[N氏]

細身のシルエットなのに、とても着心地が良いです。

 

[へんげ]

ありがとうございます。

そこはかなり拘ったところなので、嬉しいです。

 

 

f:id:nunohenge:20220208083351j:plain

 

N氏の身長は178㎝です。

 

 

ジャケットの内ポケットの下に、こんなものを付けてみましたよ。

エンブレム風のネームです。

白っぽく見えますが、銀糸で刺繍しています。

 

 

f:id:nunohenge:20220207151132j:plain

 

 

何の形?記号?

よーく見て下さい。

「へんげ」って書いてあるでしょ。

NUNOHENGEは長くて面倒くさいので、こちらにしてみました。

はてなブログ仕様です。

 

 

私が自分に贈りたいものは、何もありません。

メンズジャケットが無事に完成して、気分良くなっているからでしょうか。

そのうえ、こんな拙いブログに訪問して下さる方々がいる幸せ。

私が自分に贈りたいのは、「感謝」という言葉でしょうか。

あ、ちょっとカッコつけました。

 

会社に勤務していた頃は、毎日バタバタしておりました。

勿論、ブログも始めていませんでした。

今思えば、見えていなかった事も少なくなかった気がします。

感謝の気持ちを伝えることが、おろそかになっていました。

時間に余裕が無かったので、メンズジャケットに挑戦するなど夢にも思いませんでした。

ましてや、こんなに応援して頂けるなんて。

 

周囲の皆さんに恵まれてここまで来ました。

応援が力になることを、実感した私です。

ジャケットをブログでお披露目した夜は、皆様に感謝しつつ美味しくビールを頂きました。

 

 

[ミシン]

なんだか、ヒーローインタビューのような台詞じゃのう。

褒めてもらったからって、調子にのって飲み過ぎるなよ。

 

[へんげ]

あとでミシンさんにも、ミシン油をさしてあげるね。

 

 

 

 

 

 

ついに、というか。やっと、だな。

今週のお題「鬼」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

やっと、メンズジャケット完成しました。

一針入魂、新しい発見が楽しかったです。

 

思えば昨年末、専門外のメンズジャケット制作に挑戦する宣言をしました。

年が明けてからの完成になりますと、鬼が笑うような事を申しておりました。

 

もう、節分の季節になってしまいましたね。

あ、節分は昨日でしたか。

 

節分になると必ず私は「泣いた赤おに」と言うお話を思い出します。

 

私が子供の頃からあるお話です。

きっと、皆さんもご存じのことでしょう。

切なくて、泣いてしまいます。

先日も本屋さんで立ち読みをして、うるうるしてしまいました。

(立ち読みかいっ)

 

おお、いけない。

完成したメンズジャケットを紹介しますね。

 

テーマは、大人のカジュアル。

 

 

f:id:nunohenge:20220203105547j:plain

 

 

 

ボディにカラフルなストライプ生地。

衿、袖、ポケットは黒無地にしました。

ストライプ生地は、追っかけ柄(左右非対称)になっています。

グレーの地色に、黒、赤、青、黄、茶のストライプが入っています。

 

実はこの個性的な生地は、母から送られて来たんです。

10年以上前から終活と称して、身の回りの物をどんどん送り付けて来ます。

(現在、母86歳)

 

受け取った時は、色の雰囲気で着物地だと思っておりました。

そのまましまい込んでいたので、メンズの生地だと気が付いたのは昨年末。

 

その時、私の耳に悪魔がささやいたのです。

「この生地でメンズジャケットを作ったら、面白いんじゃない?」

 

 

f:id:nunohenge:20220203124357j:plain

 

 

アクセントにハンドステッチを入れています。

分かり易いように光を当てているので、白っぽく見えています。

 

 

f:id:nunohenge:20220203124427j:plain

 

 

f:id:nunohenge:20220203124507j:plain

 

 

袖口のあきみせで、少し遊びます。

遊びって大事ですよね。

 

 

f:id:nunohenge:20220203124644j:plain

 

 

f:id:nunohenge:20220203124845j:plain

 

 

柄が左右対称でないため、どの色を基準に裁断するかでこのような状況が生じます。

私は、一番目立つ赤を基準に裁断しています。

 

内ポケットは左右に付けました。

長財布も入れられます。

 

 

f:id:nunohenge:20220203125127j:plain

 

 

本番を縫う前に、ちょっと練習。

角度を付けて撮ったせいか、幅が均等に見えないなあ。

でも、へたくそには違いない。

 

 

f:id:nunohenge:20220203173515j:plain



 

 

両玉縁ポケット(フラップポケットと内ポケット用)と、釦ホールの練習です。

40年ぶりに、専門学校の教材を引っ張り出しました。

 

様々な試行錯誤は楽しかったのですが、その分時間はかかりました。

高級感を出す為に、前身頃に毛芯を入れたのは上手くいったようです。

反省点としては、接着芯はもう少し硬めが良かったなと思いました。

 

次はもっと上手くやるぞなんて簡単には言えないくらい、やはりメンズジャケットは難しかったです。

改めてメンズジャケットの職人さんを、心から尊敬致します。

 

このストライプの生地を使ってみて、思った事があります。

この生地をデザインした方は、凄いチャレンジャーだなあと。

最初この生地を見た時に「絶対に私は使わない生地だなあ」と思いました。

 

グレーベースに黒赤青のストライプ入れた所に、さらに黄色と茶色って入れます?

しかもメンズの生地で。

どう考えても、色がうるさ過ぎでしょ。

 

でも少し離れて見ると、この2色が実にいい味を出しているんです。

温かみを加えているというか、潤滑油になっているというか。

決して、縫っているうちに情が移った訳ではありません。

 

多分黄色と茶色の縞の細さとか、色の並びとかにも計算された拘りがあるのでしょう。

追っかけ柄にしやがってめんどくせーな、なんて思ってすみません。

この生地のデザイナーさん、あなた本当に凄いです。

 

挑戦は尊い

私もどんどん新しい事に挑戦していきたいと思った、今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここいらで、ちょっと遊びを入れようか。

今週のお題「現時点での今年の漢字

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

専門外のメンズジャケットにうっかり手を出してしまった、ドレスデザイナーの私です。

まだ出来上がりを披露出来ないので、ここでちょっと遊びを入れてみたいと思います。

 

そこで今年の漢字は「遊」にします。

目標を掲げるつもりで。

 

こう見えて私、仕事に関しては結構真面目です。

忙しいと遊びを忘れる事があります。

遊びを忘れると、頭が固くなります。

頭を空っぽにしないと、新しいアイディアが浮かばなくなります。

では、私の頭の中を空っぽにする方法は如何に。

 

時間の余裕がある今ならと、ドレスとは対照的なメンズジャケットに挑戦しております。

メンズの服は全く未経験なので、不安で一杯でした。

でもメンズジャケット制作は、新しい発見がありとても楽しいのです。

脳ミソのいつもと違う部位を使っている感覚です。

それに専門外だからねえと、言い訳も出来ます。

(言い訳する気ですね?)

真剣に制作してはいますが、ある意味遊びの感覚に似ています。

 

裏付きの洋服を制作する際に、遊びが大事になることがあります。

表地と裏地を留める、中とじという作業です。

中とじをしないと、裏地が飛び出して来るんです。

 

この時にただ留め付けるのではなくて、少し糸に遊びをもたせてあげます。

表地と裏地を仲良くさせる感じです。

糸を、きつく引っ張り過ぎてはいけません。

表から見た時に歪んだり、着心地が悪くなったりするんです。

人間界と一緒なのでは?

程よい遊びって大事ですよね。

 

以前、こんなドレスを制作しました。

 

 

f:id:nunohenge:20220126220603j:plain

 

 

ノースリーブワンピースとボレロの組み合わせです。

ご希望があれば、こういう優しい感じのデザインもするんですよ、私。

決して得意ではありませんが。

可愛いは、私にとって永遠の課題です。

 

 

f:id:nunohenge:20220126220912j:plain

 

 

バックスタイルはこちら。

エストの細さを強調したバランスです。

 

 

f:id:nunohenge:20220126221002j:plain

 

 

 

このドレスにも、少し遊びを入れましたよ。

ボレロの上下を逆さまに着ると。

 

 

f:id:nunohenge:20220126221233j:plain

 

 

f:id:nunohenge:20220126221314j:plain

 

 

雰囲気が変わりましたね。

バックスタイルが華やかな感じです。

 

 

 

f:id:nunohenge:20220126221503j:plain

 

 

 

こちらのほうは、単品でジーンズに合わせたりしてもいいかも。

(セット物の場合、頻繁に単品で使用されると色の違いが生じることがあります)

今回、2通りに着られるボレロを紹介しました。

ちょっと、デザインで遊んでみた例です。

 

尚、中に着ているワンピースは上下逆には着られません。