NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE

へんげさん、ピンチ! カッターの折れ刃が眼の中に。(比喩)

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

ドレスの装飾にスパンコールやビーズ等を使うことがあります。

 

以前勤務していた会社では、あのスワロフスキーを使うことも。

その会社では、ハイレベルな装飾専門のデザイナーが複数所属していました。

私の様なドレスデザイナーが制作したドレスに、オリジナルの装飾を施してくれます。

私のデザイン画からイメージした唯一無二の装飾です。

卓越したセンスとクオリテイーを近くで見れた事は、とても勉強になりました。

 

勿論、今の私がその足下にも及ぶはずがありません。

ただ、とても良い刺激を頂いたことは間違いありません。

素晴らしい出会いに感謝しています。

 

さて、スパンコールやビーズの話です。

こちらのドレスにも、スパンコールやビーズを少し使っています。

 

 

f:id:nunohenge:20210618143747j:plain

 

 

丸くちょっとキラッとしてるものがスパンコールです。

 

 

f:id:nunohenge:20210618143935j:plain

 

この写真では、金色の丸い中に六角形のへこみがあるのがスパンコールですね。

スパンコールには、プラスチック製も金属製もあります。

スパンコールがぎっしり付いた生地でドレスを制作することもあります。

 

カットするとこんな感じです。

 

f:id:nunohenge:20210618150044j:plain

 

スパンコールが肌に当たると痛いので、その部分のスパンコールはむしり取ります。

特に金属製の尖ったところは危険です。

 

f:id:nunohenge:20210618150459j:plain

 

これ、何かに似ていませんか?

 

そう、これです。

 

f:id:nunohenge:20210618150604j:plain

 

カッターの折れ刃。

 

これが、私の眼に入っていた事があるんです。いや、勿論カッターでは無くスパンコールのほうですよ。

 

なんだか眼がゴロゴロするなあと思い、その時は珍しく擦らずに鏡を見ました。

そこには、尖ったスパンコールの欠片が下瞼と眼球の間に。

 スパンコールの欠片って、響きはちょっと詩的な感じですが頗る危険です。

 

30数年前ですが、眼のケガは経験があります。

かけていた銀縁眼鏡のつる部分が眼球にぶつかり、結膜(白目の表面)が捲れた事がありました。涙が止まらない位凄く痛いです。情緒に関係なくずっと涙が出るのです。

暫く、眼帯生活でした。

 

はさみでパチンと切った時にスパンコールはいきなりあちこち飛びます。

あれから、眼がゴロゴロしても擦るのを我慢して鏡を見るようにしています。

 

ドレス制作って、結構危険な仕事なんですよ。

 

 

 

 

 

へんげさん、いろんなことで青息吐息。字余り。

今週のお題「575」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

575と言えば? 57577でもいいんですよね?

当ブログ始めて最初の頃、5/8の記事でこんな短歌風のものがありました。

 

「クリックの度にいちいち逡巡し、青息吐息でブログ更新」

 

PC苦手の言い訳をくどくど書いている記事です。

この状況あまり変わっていませんが、少しずつ進歩していると思いたいです。

 

f:id:nunohenge:20210615124548j:plain

 

青息吐息と言えば、ドレス制作で迷ったり悩んだりしている時よく見る夢があります。

 

実は、昨夜も見ました。何かから、必死で逃げている夢です。

終始、青息吐息です。

 

時には断崖絶壁をよじ登り、時には廃屋に隠れ、時には手摺の無い吊り橋を渡る。

(ああ、恐ろしい)

でも、時には敵と闘わなければなりません。

相手は手にでっかい刀(中国武術に使うような)を持ち、風貌はあまり覚えていない。(きっと、その時によって変化する)

その敵に立ち向かう私の武器はと言えば、仕事で使う金属製の1ⅿ物差し。(かなり使い込んでいる)

 

f:id:nunohenge:20210615130050j:plain

 

手に持つ部分が痛いので、シーチングの端布をぐるぐる巻きにしています。(ここは、冷静)

 

f:id:nunohenge:20210615130628j:plain

 

*シーチングとは、トワル仮縫い用の生成り平織綿生地です。

 

さらに、腰には裁ちばさみ2丁。

 

f:id:nunohenge:20210615131034j:plain

 

 

でも、大事な仕事道具なのでむやみに敵に向けたり、手裏剣のように投げてはいけません。(ここも、冷静)

 

ファイナルファンタジーって、きっとこんな感じなのでしょうね。

私はアナログなので、ゲーム経験は40年程前、レトロな喫茶店のテーブルでやったパックマン1度きりです。

 

健闘空しく、最後は必ず私がやられます。

なぜか決まってあの大きな刀で、脚を攻撃されるのです。

 

「だあああああああ」尋常じゃなく痛いです。

 

そこで私は目を覚ましました。

脚がつっていました。

 

ああ、夢でよかった。尋常じゃなく脚が痛いけど。

 

 

 

へんげさんの本棚から。ニーチェと吉田松陰。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

私の拙いブログを読んで頂きありがとうございます。

 

今日は、私が就寝前に開いている本を紹介したいと思います。

 

 

f:id:nunohenge:20210609101745j:plain

 

 

覚悟の磨き方  超訳 吉田松陰  編訳 池田貴将

心の章より。

「この世界には、とんでもない才能が無数にあふれている」

コロナ禍の世の中で。様々なニュースで。様々なブログ記事で。私は日々様々な新しい才能に出会っています。

「誰にでもある時期」

まわりが見えない苦しい時もある。でも、明けない夜は無い。

 

 

f:id:nunohenge:20210609103435j:plain

 

 

ニーチェの言葉  フリードリヒ・ニーチェ 著  白取春彦 訳

曙光より。

「人を喜ばせると自分も喜べる」

さりげないあなたの言葉や文章で、私はほっこりしたり、勇気をもらったり、感動したりしています。この出会いに感謝。

 

ガラス扉の本棚にあるのは、本だけでなくこんなものも。

 

f:id:nunohenge:20210613100939j:plain

 

これは、当時90歳の女性が作ったもの。

 

f:id:nunohenge:20210613101153j:plain

 

大きさにして、わずか3.5㎝。

細かい針目でとてもきっちり縫われています。

配色も表情も可愛い。(ウインクしてるこは、眼がとれちゃったので私が描きましたが)

制作されたご本人にはお会いしたことはありませんが、きっと素敵な女性なんだろうなあと、推測いたします。

 

果たして自分自身が90歳になった時に、このセンスとクオリティーのものが作れるだろうか?明確な目標が出来たので、ここに向かって精進したいと思います。

 

それにしても、寝る前に背中がむずむずするのはなぜでしょう。

 

孫の手の先が中々とどかない。

身体が固くなったのか。

背中がまるくなったのか。    へんげ

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

へんげさんちのアトリエにて。あれ?アイロン君が誰かに話しかけています。今日は中級編。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

 

f:id:nunohenge:20210610203732j:plain

 

 

[アイロン]

あれ?お会いするのは初めてですよね?自分、アイロンと言います。

 

[バイアステープメーカー]

初めまして。僕、バイアステープメーカーと言います。

アイロンさんのご活躍は、引き出しの中でも有名ですよ。

 

[アイロン]

え?バイアステープって、あの板みたいなのに巻いてあるこの子みたいなものだよね?

 

[バイアステープメーカー]

そうです。その、バイアステープを好きな生地で作ることが出来るんです。

でも、僕一人じゃ出来ないんです。アイロンさんのお力添えが無いと。

 

 

f:id:nunohenge:20210610205640j:plain

 

細長く切った生地をこのバイアステープメーカーに通して、アイロンを押すようにかけて行くと両布端が折れて出て来る仕組みです。

  1. 正バイアスに生地を裁断。幅は出来上がり寸法×4+6㎜位。アイロンで伸ばすと6㎜位細くなるので。
  2. 接ぎめは縫い割る。
  3. バイアステープメーカーに通して、そこをアイロンで押すようにプレス。
  4. 2つ折りにアイロンをかける。裏面が1㎜位出るように。

 ポイントは、テープメーカーに通す前にバイアスにカットした生地をアイロンで伸ばしておくこと。

 

 

f:id:nunohenge:20210610210311j:plain
f:id:nunohenge:20210610210340j:plain
f:id:nunohenge:20210610210348j:plain
f:id:nunohenge:20210610210352j:plain

 

 

このテープメーカーは、25㎜用。25㎜は2つ折りする前の寸法なので、12㎜程度のパイピング幅に仕上がります。

そうなんです。幅ごとに違うテープメーカーを使わなくてはいけないのです。

 

f:id:nunohenge:20210610212740j:plain

 

 

生地に巻いて縫うと、パイピング幅12㎜に 仕上がりました。

分かり易い様に、斜めストライプの入った生地を使用しています。

バイアスをどちらに傾けて裁断するかで、ストライプの柄の出方が変わりますね。

因みに、正バイアスとは縦布目(縦糸)に対して45°のこと。生地が伸縮し易い角度です。

この、バイアステープメーカーを使用すれば変わった柄生地でパイピングすることが出来ますね。(バイアステープに適さない生地もあります)

度々小物制作される方には、良いのかもしれません。

 

用途や使用頻度を十分に考慮してからのご購入をお勧めします。

因みに私のバイアステープメーカー君は、ずっと引き出しに眠ったままです。

 

[アイロン]

ね、メーカーさん。じゃあ自分とメーカーさんとで、何か作るのかなあ?

 

[バイアステープメーカー]

その呼び方やめて貰えませんか?なんだか、取引先みたいですから。

 

 

 

NUNOHENGE一点物ドレスの生地で、お揃いのネクタイ作ってみたよ。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

前回記事に焼きそばの写真など載せておりますが、本業はこちらです。

随分前に載せた一点物ドレスの写真です。

 

 

f:id:nunohenge:20210518103655j:plain

 

 

もしもご興味のある方は、ドレス写真のカテゴリーをご覧下さい。

 

「なんだ、随分不親切だなあ。過去記事貼り付けてよ」と、思われる方も多いことでしょう。

ごめんなさい。以前も書きましたが、私パソコンスキルがポンコツです。

一か月以上かかって、やっとこのくらいになりました。ここまで、ゆうにドレス制作3着分位の時間と労力を費やしました。今も、左右合計2本の指でキーを叩いております。

InstagramTwitterfacebook、LINE(スペルあってるのかな?)その他諸々、全然分からずやっておりません。恥ずかしながらこのブログだけです。

あ、それからブックマークにコメント下さった方々、ありがとうございました。

ここにコメントが入るなんて、さっき知りました。返信の術もありません。

本当に至らなくて申し訳ありません。

 

そして、こんな拙いブログを読んで下さった皆さん、ありがとうございます。

徐々に精進していく所存ですので、どうかご容赦ください。

 

さて気持ちを切り替えて、このドレスの生地で、ネクタイを作ってみました。

 

f:id:nunohenge:20210607211920j:plain

 

裁断をするとこんな感じ。

 

f:id:nunohenge:20210607212037j:plain

 

クリーム色の生地は接着しないタイプの芯地です。

かなり前に自己流でネクタイを作った時は、手縫いしなければいけないところをミシンで縫って失敗しました。(その部分は縫い直しました)

今回は型紙、縫製説明と専用の芯地を手に入れたので、大丈夫だと思います。

 

縫ってみると、

 

f:id:nunohenge:20210607212806j:plain

 

f:id:nunohenge:20210607212855j:plain

 

 

あら、できちゃった。いつもながら、途中写真を撮るのをつい忘れてしまいました。

 

着用写真がこちら。

 

 

f:id:nunohenge:20210607213135j:plain

 

少し下方向から撮ってるので、ネクタイの剣先が大きく見えてしまいます。

どちらかといえば、一つ前の写真のほうが実物に近いかもしれません。

どうやらこの型紙だと、少し短めに仕上がるようです。

 

うーん、やっぱり私は写真撮るのも下手くそだなあ。

 

このネクタイは、ドレスとお揃いで使用するのをお勧めします。

モチーフにスパンコールが付いてるので、通勤等には向かないと思われます。

 






 

 

あれ?素麵って、いつから食べて無かったっけ?

今週のお題「そうめん」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

少なくても、10年位は食べていない気がします。素麺。

決して嫌いな訳ではありません。ただ、外食メニューに選んだり購入したりしないだけです。

 

ちょっと調べてみると、素麵の名産地は兵庫、奈良、香川と出てきます。

私が東北出身だからあまり食べないのか?実家では白い麺だと、冷麦かうどんが多かったような気がします。

でも、素麵だってそりゃあ食べたことがあるさ!

 

記憶の糸をたどれば、素麺の思い出は四十数年前まで遡ります。

 

あれは、高校1年の運動部夏合宿。

ここで、運動が苦手なのに運動部に所属していたのか?と言う疑問が湧くでしょう。

 

小さい頃から身体が弱く運動が苦手だった私は、一念発起、中学入学と同時に運動部に入部しました。

そして、高校で運動部に入る方達は運動能力や体力に長けている人ばかりでした。

特に夏の合宿は、皆についていくのに精一杯で私はへとへとでした。

 

唯一の楽しみの食事。味は美味しいのだけれど、凄く量が多い。

(私は決して少食なほうではありません)

 

ある日の夕食メニューで、味噌汁にどっさり素麺が入っていました。

たっぷりおかずと、山盛りどんぶり飯があるのにです。

とても、残せる空気ではありません。

 

 

f:id:nunohenge:20210607090117j:plain

 

 

勿論、素麺は食べたら美味しいのは分かっています。

決して食べない訳では無いし、食べたら美味しいとは思います。

 

でも私は、年間通して蕎麦と焼きそばが好きです。

そして夏の風物詩麺部門なら、断然冷やし中華を推します。

 

素麺の製造過程をテレビで見たことがあります。

凄く手間や時間のかかる作業の積み重ねなのがわかります。

いつか食べるなら、大事に味わって食べたいと思っています。

「今日は、素麵でいいよー」なんて、素麺さんにも料理する方にも失礼なコメントですよね。

 

f:id:nunohenge:20210608081401j:plain

 

 

素麺の木箱があったので、きっと私も10年前位には食べていると思います。

素麺さん、忘れていてごめんなさい。

 

私の今年の夏も、冷やし中華で始まるけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でも屋デザイナーは、こんなものも作ったよ。ドレスだけじゃないんだ。時にはロックだぜい。

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

ドレスは、表現出来る面積が大きいから面白い。

非日常を演出できるから面白い。

着る人を変身させられるから面白い。

 

そういう意味では、バンドの衣装もそうです。

 

限られた時間と予算で、印象に残る衣装を作る。

腕の見せ所です。

 

その一部をほんのちょっとだけお見せします。

 

 

f:id:nunohenge:20210603165904j:plain

 

 

バンドの女子メンバーが髪に付けた髪飾り。衣装に用いた生地やレースとエナメルを使用しています。

ちょっとロックでしょ?

 

そして、こちらは、

 

f:id:nunohenge:20210603170320j:plain

 

 

男子メンバー着用のベスト。(シャツはZARAですけど)

先程の女子の左側の髪飾りに付いてる黒とシルバーの巻きバラは、ファスナーの基布で作ってます。

このベストの、前中心に付けたファスナーと同じものです。

 

そして、このベストのバックスタイル

 

f:id:nunohenge:20210603171154j:plain

 

 

黒のレースになっています。

右側の女子の髪飾りとお揃いのレースです。

 

全衣装をお見せできないのが残念ですが、さりげなく大人ロックな仕上がりになったと思います。

 

バンド衣装は、それぞれの楽器との相性も考えます。

たとえば、ギタリストやベーシストはベルトのバックル傷が楽器に付くと言います。

衣装の腹部は、ベルトが隠れて付近にボタン等の無いデザインに。

 

一方、ドラマーは肩が動かし易い形に。アームホールがゆったりしたものや、ノースリーブも。

キーボード奏者は、上半身やヘアスタイルにデザインポイントを集めます。

 

ボーカリストは、動きに合わせてどこかが揺れるように仕込みます。バックスタイルもとても大事です。

 

そして、一番は暗いライブハウスでの見え方とバンドメンバー全体のバランス。

 

でも残念なのは、衣装を注視するあまり私自身が曲に集中できないこと。

色々な角度から見る為に、あちこち歩き回ってしまうから。

 

一日も早く、ライブハウスが盛り上がれる日が来ますように。