NUNOHENGE草子

無名のドレスデザイナーNUNOHENGE 

紙と布は、ともだち。

今週のお題「何して遊んだ?」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

ふと振り返ると、私の長年の友達は紙と布でした。

今でも、そうです。

こんなことを書くと、孤独なのか?と思われますか。

このブログで書いてないだけで、家族友人知人等周囲の方々に恵まれているなあと思っています。

勿論この拙いブログを読んで下さる方々にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私のブログは、私自身とその制作物の紹介が主になっております。

政治経済災害等のニュースやどなたかの紹介は、殆ど取り上げておりません。

(本当はご紹介したい素敵な方が、沢山いらっしゃるのですが)

 

物心ついた時から、絵を描いたり本を読んだりするのが好きでした。

紙の媒体が好きです。

布が好きなのは、きっと身近な所に布があったからでしょう。

洋服ではなく、布です。

 

専門学校で和裁や洋裁を教えていた、母の影響が大きいと思います。

幼い頃から、型紙を作ったり服を縫ったりするのを見ることが出来ました。

袢纏や布団を作るところなどは、見ていてとても面白かったです。

私は作業する母の横で、針と糸と布の端切れで遊んでいました。

 

 

 

 

苺を見ると、自分のデザイン画が初めて洋服になった時のことを思い出します。

小学2年生の夏です。

生地も自分で選びました。

苺柄のサッカーの生地です。

(サッカーとは、表面がボコボコして涼しげな生地です)

その時母に、ボコボコにデザイン画のダメ出しをされました。

「この素材でこのリボンは似合わない」

「この絵の雰囲気は出せないから、こう変更すべき」みたいな。

残念ながら写真は残っていませんが。

お陰様で、とてもお気に入りの一着が出来上がりました。

自分の将来の職業が、具体的に決定した瞬間です。

 

現在86歳、元気いっぱいの母。

終活と称して、沢山の生地を送り付けて来ます。

5年程前、「和裁や着付けを教えてよ」と言ったら、「めんどくさい」と言われました。

そして、何冊かの本が送られて来ました。

自分で頑張れということでしょう。

私はまだ着付けもできないし、着物も縫えません。

 

 

 

 

ぽんこつ山のへんげさん】

お酒の好きな人を、左党とか左利きとか言うけど。

その意味を最近知った。

大工さんや鉱山で働く人は、右手に槌を左手にノミを持って作業する。

右手をつち手、左手をのみ手と言うそうな。

そこから、お酒の好きな人を左党とか左利きとか言うようになったそうな。

粋な語呂合わせだなあ。

しゃれてるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直ぐに結果が出ると思ったら、大間違いじゃ。

今週のお題「ホーム画面」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

お馴染みベテランミシンさんが、へんげに何か話しかけていますよ。

 

[ミシン]

なんじゃ。なんだか浮かない顔しとるのう。

 

[へんげ]

うーん。1ヶ月前に、サボテンくんを大きな鉢に植え替えしたんだけどね。

 

[ミシン]

なに?また枯らしたのかあ。

 

[へんげ]

違うんだよ。

ひょろーっとしてたのが、なんだかがっしりしてきたなあと思って。

植え替え前の写真と比べて、ブログに載せようと思ったんだよ。

 

[ミシン]

おお、成長の記録は大切じゃからな。

 

[へんげ]

でもね、見てよこれ。

 

 

 



 

 

[ミシン]

おや、あんまり変わっとらんのう。

 

[へんげ]

でしょ?

大きな鉢に植え替えたら、もっとたくましくなると思ってたんだけどなあ。

 

[ミシン]

考えてみたら、まだ1ヶ月しか経っとらん。

サボテンくんにはサボテンくんなりのペースってもんがあろう。

きっと今、一生懸命新しい土に慣れているところじゃ。

 

[へんげ]

そういえば、そうか。

まだ1ヶ月位で、直ぐに結果を求めるのは良くないね。

 

[ミシン]

もしかしたら、気が付かない所で何かがちょっと変化してるかもしれん。

 

[へんげ]

そうなんだよ。

なんだか触ると、がっしりしてる気がするんだよ。

 

 

[へんげ]

あ、横から見ると分厚くなってる。

前はもっと、薄っぺらい感じだった。

 

[ミシン]

おお、ちゃんと成長しとるじゃないかあ。

写真だけじゃあ、わからんものよのう。

 

[へんげ]

うん、ドキドキしながら植え替えてよかったよ。

 

 

 

さて、何でも屋デザイナーの私ですが、こんな服も制作しております。

 

 

 

 

 

ドレス写真カテゴリーから、一点物の服やドレスをご覧頂けます。

 

 

ぽんこつ山のへんげさん】

最近、運動不足を危惧しているへんげ。

少しずつ無理のない程度の散歩を始めたよ。

継続が大事なので、まずは5000歩位を目安に。

ある日、知らない道に迷い込んでしまう。

方向音痴だという自覚に、好奇心が勝ってしまった結果だ。

いつの間にか、10000歩。

「ここは何処?」

きょろきょろしていると、前方から登校中の小学生が数人。

じーっと見られた。

そうだよね。

黒ずくめの服にサングラスと帽子は、流石に怪しく見えるよね。

マスクもしてるし。

(本当は、気は優しくて力持ちなんだけどな)

目を伏せて、すれ違う。

(だって、タンスの中は黒い服ばかりなんだもん)

暫くして、やっと知ってる道に出た。ああよかった。

 

道路の向こう側から、横断歩道をトコトコ鳩が歩いてくる。

横断歩道を使って、歩いて道路を渡ってくるのだ。

そして、私の後ろをトコトコ歩いて付いて来る。

この辺りの鳩には、警戒心というものが無いのか。

人間には警戒されるのに、鳩にはなめられてしまうへんげ。

 

なるべく上り坂を避けて歩くためか、最後に急な上り坂がやって来る。

この上り坂を行かなければ、帰宅出来ない。

いつも、最後の最後でへとへとになる。

やっと、私のホーム画面に辿り着いた。

え、使い方間違ってる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間を忘れる街。我を忘れる街。

今週のお題「好きな街」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

昨年の7月に、「住みたい場所」というお題で記事を書きました。

その時に、繊維の街日暮里を取り上げました。

繊維関係の問屋さんが多い街です。

先日も行って来ましたよ。片道1時間40分かけて。

 

やはり、この街が好きですねえ。

ハンドメイド等される方は、ご存じかもしれません。

飽きないですよね、面白いですよね、我を忘れますよね。

 

ずっと前から入ってみたいけど、敬遠していたお店がありました。

だって、とても高価そうだったんだもの。

私がガン見していたのに気付いた店員さんが、良かったらお入りくださいと声をかけて下さいました。

じゃあ見るだけねと心に誓い、店内へ。

 

スパンコール等のゴージャスな飾りや、金糸銀糸の刺繍。

リボン、テープ、釦やタッセルもあります。

無国籍な感じが、とても魅力的です。

確かに高価なものもあるけど、お手頃価格な掘り出し物もあります。

私は、こんなものも買いましたよ。

 

 

 

 

一袋にまとめられて、お買い得コーナーにありました。

ブレード状のものは20㎝位。

右のタッセルは、上部の円の直径は5㎝でタッセル自体の長さは12㎝。

いったい何に使うと言うのだ。

夢が膨らみますね。

 

目的のお店の開店時間まで一時間以上ありましたが、時間を持て余すことはありませんでした。

興味をそそられるお店が、沢山あります。

好きな街だけど、私にとって住んではいけない街です。

 

一方、私の住んでいる街は、時間がゆっくり流れます。

東京の多摩地域に属しています。

皆さん、ご存じですか?

東京の半分は多摩で出来ているんですよ。

(私も最近知りました)

緑豊かで、空気の綺麗なエリアです。

(え、吉祥寺や町田も多摩なんですね)

 

以前は「遠いなあ」と嘆きながら、都心に通勤していました。

この2年位は、ここが私の作業場です。

長閑な場所で、のびのび制作しています。

デザイン、パターン、縫製、直し、リフォーム等全部一人で行っています。

デザイナーという名の、何でも屋です。

40年位、このような仕事に関わっています。

 

最近、トワルの写真しか紹介していませんでしたね。

(トワルとは実際の生地で縫う前に、別の生地で試作すること)

以前制作したドレス写真の一部を、掲載したいと思います。

 

 

 

 

 

 

ドレス写真カテゴリーから、ドレス等の写真をご覧頂けます。

 

 

ぽんこつ山のへんげさん】

いたっ。

また、同じところにたんこぶが。

おでこの生え際。

台所、流しの上の物入れ。

扉が開けっ放しで、扉の角がおでこ直撃。

「あと5㎝身長が低かったら、あたらなくて済むのに」

いやいやそこは、扉を閉めればよいだけでしょ。

おでこをさすりながらふと下を見ると、茶色い丸い物体が。

「ひっ、何の虫?」(虫が苦手です)

よーく見ると、コーヒー豆。

さっき落としたと思われる。

落としたら、直ぐに拾いなさいよ。

うーん、台所は危険だなあ。

 

こんなガサツな私ですが、仕事は几帳面です。

全神経をそこにだけ集中しています。

だからおのずと、プライベートがゆるくなっているんです。

どうぞ、本気で心配しないでくださいね。

ちょっと、くすっとして頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

え、新コーナー始めました?

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

拙いブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

中々、お見せ出来るものが無くて困っています。

これはドレーピング途中の、トワルの写真です。

(実際の生地で縫う前に、別の生地で試しに縫うのがトワルです)

 

 

 

 

最終的には、ロングドレスになる予定です。

この状態でも良いのでは?と思い、写真を撮ってみました。

 

毎日こつこつ続けるのが、苦手な私です。

会社員だった頃、毎日欠かさず朝ドラを観てから出勤して来る同僚がいました。

(ご存じ国営放送の連続テレビ小説です)

その女性は、よくその話をされていました。

 

自宅で仕事をするようになって、私もその番組を観ることが出来ました。

その時孤独のグルメの俳優さんが、出演されていました。

孤独のグルメはつい観てしまうドラマです)

そしてその朝ドラで、こんなセリフをおっしゃいました。

 

「日々鍛錬し、いつ来るともわからぬ機会に備えよ」

 

なんだか、自分に言われているような気がしました。

そうなんです。

出来るつもりでいても、続けていないとレベルが落ちてしまいます。

特に私は間が空くと、感覚が鈍ったり下手くそになったりします。

縫製技術も、ドレーピングも、パターンメーキングもそうです。

何度かそういう経験をしています。

 

このセリフ、今の私に必要な言葉でした。

伴虚無蔵さん、言ってくれてありがとう。

ちょっと、油断していました。

そういう気付きもあるので、経験したことの無い世界を覗いてみるのも良いものですね。

 

ブログもそうです。

PC操作が苦手なので、ずっと避けていました。

でも今、色々な経験をさせて頂いています。

新しい発見も、勉強になることもとても多いです。

沢山の素敵な方々に出会えたことに、感謝しています。

 

そこで、新コーナーです。

くすっと笑って頂ければ幸いです。

 

 

ぽんこつ山のへんげさん】

私と一緒に生活している緑さんたち。

植え替えしてから、10日位経ったよ。

水のあげ方とか日当たりとか、ネットで調べてみる。

ペペロミアさん、葉っぱにシュッシュと霧吹きで水をかけてあげるといいらしい。

埃やハダニを防げるんだって。

埃はいいけど(いいんかい)ハダニは嫌だな。

100均で霧吹き買って来たよ。

セレブがよく観葉植物にかけてるようなやつ。

そんな意味があったんだね。

加減がわからず、色んな方向からシュッシュしたよ。

ん?かかってんのか?

あれれ。

後ろのアートフラワー(これも100均で買った)が、びちょびちょになってる。

ま、いいか。そのうち乾くもん。

葉っぱの裏側にも、かけるんだって。

どうやって?

 

こんな感じで、私へんげのおっちょこちょいな所やポンコツな所をゆるく紹介していきます。

でも、本気で心配したりしないでくださいね。

素敵な一日を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか、いつもと違うのう。

今週のお題「わたしの部屋」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

 

f:id:nunohenge:20220414135357j:plain

 

 

 

[へんげ]

へんげの部屋へようこそ。

今日は、ベテランミシンさんをお招きしております。

ミシンさん、こんにちは。

 

[ミシン]

お招きしましたって?

わしは30年近く、この部屋のこの場所におるんじゃがのう。

 

 

f:id:nunohenge:20220414135924j:plain

 

 

[へんげ]

あなたは、お洋服を縫うのがとてもお上手なんですってね?

 

[ミシン]

そりゃ、ミシンじゃからのう。

 

[へんげ]

どんなお洋服を縫われるのかしら。

 

[ミシン]

何でも縫うがの。

それはおまえさんが、一番よう知っとるじゃろ?

何で、いつもの口調と違うんじゃ。

 

[へんげ]

あなたのお仲間が、駆け付けて下さいました。

ロック野郎さん、簡単に自己紹介をお願い出来ます?

 

 

f:id:nunohenge:20220414140711j:plain

 

 

[ロック野郎]

こんにちは、自分はロックミシンです。

布端がほつれないように、縫い代等をかがるミシンです。

作業場の洋裁用具仲間たちは、自分のことをロック野郎と呼びます。

大先輩のベテランミシンさんには、とてもお世話になっているんです。

 

[ミシン]

おまえさんも、そういうのは断れや。

無理に付き合わされとるのう。

 

[ロック野郎]

ミシンさんは大ベテランなのにとてもパワフルで、生地が重なった分厚い所も楽々縫ってしまいます。

それに比べて自分はうまくいかず、落ち込んでいたことがありました。

そんな自分のことを、ミシンさんが励まして下さいました。

 

[へんげ]

あら、どんなふうに?

 

[ロック野郎]

ミシンさんと自分は、そもそも得意なことが違うと。

人間もそうだが、みんなタイプが違うのに比べるのはナンセンスだと。

それぞれがお互いを補い、助け合えばいいと言って下さったのです。

 

[へんげ]

あら、ミシンさん。

良い事おっしゃるわねえ。

 

[ロック野郎]

それからの自分は、周りと比べることはしなくなりました。

 

[ミシン]

だいたい、へんげが悪いんじゃ。

生地の分厚い所を、無理矢理ロック野郎にやらせたからじゃ。

 

[へんげ]

周りと比べずに、自分らしくが良いですよね。

今日はベテランミシンさんとロック野郎さんに、へんげの部屋にお越し頂きました。

お二人の益々のご活躍を、お祈り申し上げます。

 

[ミシン]

だから、わしらはずーっとこの作業場におるじゃろうて。

 

 

 

f:id:nunohenge:20220414144557j:plain

 

 

以前ブログで紹介しました、のっぽサボテンくん。

(この記事トップに植え替え前の写真を載せていますが)

大きな鉢に、植え替えてみました。

(のっぽ過ぎて、上のほうが入らない)

サボテンの植え替えを調べていて、驚いたことがありました。

植え替え直後一週間位は、水を与えてはいけないらしいですね。

サボテン用の土の袋に植え替え後の水遣りのことが書いてなくて、念のため調べたんです。

一方観葉植物は、植え替え後にたっぷり水を与えると書いてありました。

今回ペペロミアも植え替えたので、ややこしかったです。

ちゃんと、枯れずに元気に育ってくれるかなあ。

三日経ちましたが、今のところは大丈夫のようです。

 

あれ?ペペロミアって、観葉植物ですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残り物には福がある。

今週のお題「デスクまわり」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

私の場合、デスクに匹敵するのは裁断台でしょうか。

90㎝×150㎝のシンプルで頑丈なテーブルです。

一般的な机よりも、少し大きめですね。

ビニ板をひいているので、カッター等も直接使用出来ます。

 

私はこの上で、デザイン画を描き型紙を作り、裁断をしアイロンをかけます。

 

裁断台の隣の机には、ベテランミシンさんが鎮座しています。

元々は職業用の足踏みミシンだったのですが、モーターを付けて電動ポータブルに改良して頂きました。

一時期は元気が無かったけれど、2年前新しいモーターに替えてオーバーホールして貰ってから若返ったミシンさん。

ポータブルになったとはいえかなり重たいので、ずっとここが定位置です。

 

もう43年の長い付き合いになりますが、パワフルに活躍してくれています。

 

[ミシン]

なあ、へんげ。

ずっとここに置いてある生地はなんじゃ。

使わんのなら、片付けたらどうじゃ。

 

ああ、確かにそうですね。

デザインを考えているうちに、しまうのを忘れていましたね。

時々鋭い突っ込みを入れてくれるのも、ベテランミシンさんならでは。

 

作業場は綺麗に保っておかないと、仕事の効率が下がりますよね。

(ブログを始めた頃はかっこ付けて、作業場をアトリエと言っていました)

どう見ても、作業場って感じの場所です。

 

ということで、ミシンさんご指摘の生地を使っていきましょう。

暖かくなってきたので、春物をひとつ。

こんな服を制作してみました。

 

 

f:id:nunohenge:20220331091413j:plain

 

 

先日、レースの生地を衝動買いしてしまったんです。

価格が高いし具体的な予定も無かったので、取り敢えず1ⅿだけ買いました。

存在感のある生地なので部分的に使用して、アシンメトリーにしました。

 

バックスタイルにも、レースを散らして。

 

f:id:nunohenge:20220331091941j:plain

 

あら、なんだか影の部分が青っぽく見えますね。

レースの色落ちではありません。

本当に、写真撮影がぽんこつな私です。

 

f:id:nunohenge:20220331092018j:plain

 

 

胸元は釦で留めています。

レースの隙間を補強して、釦ホールにしています。

 

 

f:id:nunohenge:20220331092332j:plain

 

 

 

釦を外すと、こんな感じになります。

 

 

f:id:nunohenge:20220331092447j:plain

 

 

 

このように、生地ありきでデザインを考える場合があります。

今回レースの柄を活かす為に、アイボリーの生地を合わせようと思いました。

レースの色は濃いネイビーに濃グレーの輪郭。

肩部分には黒無地を使います。

合計4色の組み合わせなので、それぞれが喧嘩しないように色バランスを検討します。

 

型紙は、以前制作した羽織ものの型紙をアレンジしました。

当ブログでも紹介した、こちらの形です。

 

 

f:id:nunohenge:20220331093248j:plain

 

 

f:id:nunohenge:20220331093309j:plain

 

 

色のイメージが出来たら、在庫の中から生地を選んでいきます。

レースの生地と2種類の無地を、ボディに留め付けながら全体のバランスを見ます。

同じ黒でも、ネイビーと相性の良くないものもあります。

アイボリーも然り。

 

一点物の場合、実際の生地でドレーピングをしてそのまま縫い上げることがあります。

今回も、前見頃はその方法で。

黒もアイボリーも、何かを制作した時の残りの生地です。

丁度、ぎりぎり使えそうな用尺でした。

なんとか、うまくいったようです。

 

残り物には福がある。

残り物でも服できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、ほんと?大丈夫なの?

今週のお題「買いそろえたもの」

 

無名のデザイナーNUNOHENGEです。

 

私には暗い過去があります。

幸福の木を二度も枯らしたことがあります。

贈ってくれた友人に、心配されました。

育てやすいと言われている幸福の木が枯れるなんて。

幸福が遠ざかるのではないかと。

(科学的な根拠はありません)

 

枯れない花は有難い。

100円均一でアートフラワーを何本か買ってきました。

曲げやすいように、茎の部分を針金に替えてテープを巻きます。

組み合わせて表情を付けます。

残布でリボンを作り、お皿に飾ります。

 

 

f:id:nunohenge:20220324132651j:plain

 

 

 

花関連のお仕事の方、突っ込まないでくださいね。

素人のお遊びなので、伸びしろを感じてください。

 

そんな暗い過去を持つ私に、サボテンを贈ってくださった方がいました。

サボテンは好きなのですが、やはり過去に枯らしてしまったことがあります。

今度は枯らしたくないなあ。

 

自宅で仕事をするようになって、毎朝窓のカーテンを開けるようになりました。

会社員の頃はカーテンも開けずに朝早く出社して、自宅に戻るのは夜なので暗くなっています。

カーテンを開けない日々が、何日も続いていました。

もしかして、日光にあてることって植物には大事なの?

 

光合成~植物が太陽の光を利用して、炭酸ガスと水からでんぷんを作る働き。

 

そういえば、大昔に習いましたね。

 

サボテンくんには、たっぷり光をあてています。

最初はこんな感じです。

 

 

f:id:nunohenge:20220324134608j:plain

 

 

約1年半後、こんなに大きくなりました。

 

 

f:id:nunohenge:20220324134731j:plain

 

 

10㎝→51㎝ に、成長しました。

 

考えたことも無かったのですが、どうやら少し大きい鉢に植え替えてあげたほうが良いみたいです。

鉢が窮屈だから、こんなにひょろーっとしているんだね。

もう少し暖かくなったら、一念発起、植え替えをしようと思います。

少し大きな鉢と土と肥料?も買いそろえます。

 

買いそろえるという表現を使うのに、一番私にぴったりなのがこれでしょう。

ビアグラスとワイングラス。

 

随分前に100均で買ったものをずーっと使い込んでいたので、数も減り傷だらけになってしまいました。

今回は奮発して、200円のビアグラスと300円のワイングラスにしました。

 

 

f:id:nunohenge:20220324140153j:plain

 

 

なるべく数を減らさないように気を付けようと思います。

 

ガサツな性格が災いして、植物を枯らしたりグラスの数を減らしたりしてきました。

植物さん達、グラスさん達、本当にごめんなさい。

これからは、心を入れ替えて空気も入れ替えて、丁寧に暮らしていきたいと思いました。

まずカーテンを開けて、朝の光を浴びようと思います。

人間にも、太陽の光って大事らしいです。

 

さあ、皆さんも心のカーテンを開けましょう。

あ、今うまいこと言った?